明るい未来へ躍進するベスト・パートナー | 税理士法人 片岡会計

税務、会社経営に関する各種取扱い、青色申告の月次帳簿作成ならびに法人決算、個人事業の所得税の確定申告などの申告書の作成、その他、社会保険や相続税などの相談は片岡会計までご依頼ください!

新型コロナウイルス感染症対策情報 ~政府等の企業向け支援策一覧~

片岡会計サービス内容こんな方は、まず悩まずお気軽にご相談ください

会計・監査・労務|記帳代行、監査、経営コンサル等会計サポートサービス

  • 会社の月々の帳簿を作成してほしい
  • 会計ソフトの入力、指導をしてほしい
  • 法改正などで変わる給与計算や年末調整の業務を把握するのが大変だ

確定申告・決算書|確定申告書、個人決算書等の書類作成サービス

  • 確定申告書で、所得税の過不足を精算する手続きがわずらわしい
  • 税額控除を受けたい
  • 所得申告をすべきか相談したい

会社設立・法人手続|開業・設立に関する手続きに関するサポートサービス

  • 新しく会社を設立したいが、税務署に対する手続きなどがわからない
  • 青色申告したい時はいつからどうすればよいのか知りたい

相続申告・相続税対策|相続に関するコンサルティング・サポートサービス

  • 急に親族がなくなり遺産相続したが、相続税がどのぐらいかかるか心配だ
  • 相続税をできるだけ少なくしたい
  • 会社の財産対策が知りたい

創業60年の信頼と実績を誇る会計のプロにお任せください!

税理士法人片岡会計では、税務、会社経営に関する各種取扱い、青色申告の月次帳簿作成ならびに法人決算、個人事業の所得税の確定申告などの申告書の作成、その他、社会保険や相続税などの相談を承っております。

創業60年で得た信頼と実績で、安心してお任せいただけるパートナーとして全力でサポートいたします。

当事務所は経営革新等支援機関に認定されています。

経営革新等支援機関とは、税理士や金融機関などで、税務・金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上として、中小企業庁から認定を受けた個人、法人のことです。

片岡会計からのお知らせ過去のお知らせを見る

2021/05/07 令和3年度 税制改正 トピックス

1.過年度改正で令和3年度以降に適用される主なもの

相続税・相続時精算課税
平成30年民法改正による成人年齢の見直し措置
 ①相続税の未成年者控除・・・18歳未満に引き下げ
 (令和4年4月1日以後の相続税について適用)
 ②相続時精算課税における受贈者の年齢・・・18歳以上に引き下げ
 (令和4年4月1日以後の贈与税について適用)


2.令和3年度改正の主なもの

個人・所得課税
イ、住宅ローン控除の見直し
ロ、退職所得課税の適正化・・・勤続年数5年以下の法人役員等以外の退職金
 (退職所得控除後の残額のうち300万円超について、1/2課税適用外とする)

資産課税
イ、住宅取得等資金贈与税の非課税措置等の拡充
 (令和3年4月1日から12月31日迄の非課税措置)
  要件① 受贈者の合計所得が1000万以下(改正前2000万以下)
  要件② 床面積要件緩和40㎡以上50㎡未満にも適用(改正前50㎡以上)
改正内容
 ⅰ 耐震、省エネ又はバリアフリーの住宅用家屋の場合
   消費税10%適用住宅用家屋の新築等1500万(改正前1200万)
   上記以外の住宅用家屋の新築等1000万(改正前800万)
 Ⅱ 一般の住宅用家屋の場合
   上記非課税限度額からそれぞれ500万を減じた額が非課税限度額
ロ、教育資金、結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置・・2年間延長
ハ、非上場株式等に係る相続税の納税猶予制度の後継者役員要件の緩和
  ・・・次に掲げる場合は、後継者が被相続人の相続開始直前において
     役員でない時であっても適用可能となる
  ①被相続人が70歳未満(改正前60歳未満)で死亡した場合
  ②後継者が特例承継計画に特例後継者として記載されている者である場合

法人課税
イ、投資促進税制の拡充
①DX投資促進税制の創設
 ・・・企業間データ連携設備等
②カーボンニュートラルに向けた投資促進税制の創設
 ・・・省エネ化・脱炭素化設備等
③繰越欠損金の控除上限の特例制度の創設
ロ、人材確保等促進税制の見直し
新卒・中途採用による人材獲得促進
 新規雇用者(新卒・中卒)給与等支給額が前年度より2%以上増加し、
 雇用者給与等支給額が前年度を上回る場合
 (改正前①継続雇用者給与等支給額が対前年度比3%以上増加し
     ②国内設備投資額が減価償却費の95%以上の場合)
 ・・・新規雇用者給与等支給額の15%を税額控除可能(法人税額20%を限度)
ハ、中小企業の所得拡大促進税制の見直し
雇用者給与等支給額が前年比1.5%以上増加
 (改正前①継続雇用者給与等支給額が前年比1.5%以上増加し
     ②雇用者給与等支給額が前年度を上回っている場合)
 ・・・雇用者給与等支給額の対前年度増加額の15%税額控除可能
    (法人税額20%を限度)
二、中小企業者等の法人税率の特例の延長
 (年800万以下の所得の場合15%)

片岡会計ブログ2015.02.01 UP

税務カレンダー

どんなご相談でも片岡会計までお気軽にお問合せください!

  • TEL:0778-23-4500/FAX:0778-23-4501
  • 受付時間外の場合はフォームをご利用ください お問合せフォーム

PAGETOP